スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動作する事?

最近、iTunesで良く音楽聞いてます。

改めてリストを見ると、インポートしただけで全然聴いていない曲、一度も再生されていない曲とか結構ある。(汗)

一度も再生されてない曲のリストを作って、ランダムに再生して聞いてると、埋もれてた良い曲が沢山あって、なかなか良い感じ。

ただ、未だに曲のタイトル、覚えれない。昔はそんな事無かったのに。多分。

ランダムに再生する楽しさ、それで発見する楽しさ、の反面、ちょっと思う事もあり。



つい最近、Twitterのフレンドさん(というか、先輩)が呟いていたのが頭に残ってて。

色々と便利な機能がついて、シンプルに使える事が多くなったけど、身体を動かして覚え込む事もあるなぁ~、と改めて。当たり前の事なんですけど(汗)

ギターアンプのセッティングにしても、CDをセットして曲を流すにしろ、レコードをセットするにせよ。

一連の流れを感じる事で分かる事、記憶に残る事とか、やっぱりあるなぁ~と。

そうなんです、一度針を落としたら一面はCDみたいに飛ばさずきっちり聴くのがいいのです。 @suguitar2 RT @NAOIZM 私も家ではレコードばかりです。外ではiPodですけど。レコード聴くのは、開けたり、拭いたり、ひっくり返したり、儀式的で良いですよね。
9:42 AM Jun 4th webから

RT @NAOIZM レコードだと、それぞれの面で完結性があるので、曲順の意味もCDより大きい。シングルカットはB面2曲目が多かった。旧譜は特にだが、新譜も仮想A面B面を設定すればよい。そしてCDプレーヤーにA面B面ボタンを付けてほしい。
9:49 AM Jun 4th webから



便利な物をどう使うかって所なんでしょうけどねw
なんて思った今日このごろでした。

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter Button from twitbuttons.com


ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。